Shoko-Ranking

ランキングを中心に経済・産業・社会・時事などの情報をまとめています

日本の名字ランキング~TOP50~

 日本の名字の歴史

 日本での名字は平安時代の終盤にできたといわれております。一つのルーツは公家もう一つのルーツは武士になります。公家のルーツは、藤原家の氏族たちが増えすぎたことで、自らの屋敷のある京都の地名等から九条、近衛、鷹司、二条、一条等で区別されるようになり、いつからかそれが呼び名となったのが始まりです。一方武士においても、公家と同じく性を同じくするものが多かったため、区別がつきづらくなっていました。そこで自分たちの領地・名田(みょうでん)を守り、明確にするため支配下の地名を名字として名乗ったことによります。



f:id:shoko-la:20200316130245j:plain

くろろさんACイラスト



名字と苗字は同じもの?

名字と苗字の字の違いですが、歴史的には元々「名字」の漢字が使われていたようです。しかし、江戸時代に入り庶民が公の場で名字を名乗ることが禁じられて以降、「名字」は支配階級の特権となりました。そしてこの頃から「苗字」が使われるケースが増えてきたようです。この「苗字」とは、共通の子孫から分かれた子孫たちが共有している名前という意味があるようです。名字を名乗ることが支配階級の特権となっていた時代に、「苗字」という書き方が広まっていったようです。現代ではどちらも同じように姓として使われるようになっています。

 

日本の名字数は非常に多い

日本には非常に多くの名字が存在します。日本の名字研究者の第一人者で「日本苗字大辞典」の著者で系譜学の祖である太田亮氏や丹羽基二氏によると、日本の名字の種類は30万種類以上あると言われております。しかしながら、近年の様々な研究により、実際にはもっと少ない10万種類前後ではないかとも言われております。ちなみに世界で日本よりも更に名字の数が多い国としては、アメリカ(約150万種類)やイタリア(約35万種類)などがあげられます。一方でお隣の中国、韓国の名字は、中国で約4000種類、韓国は250種類しかありません。これに比べると日本の名字は非常に多くの種類があることがわかります。特に韓国の場合は、名字の種類自体が圧倒的に少ない上に、キム(金)、イ(李)、パク(朴)、チェ(崔)、チョン、の上位5つの名字だけで全人口の54%を占めているそうです。よって同姓同名が多くなってしまい、間違いによるトラブルなども非常に起こりやすいようです。

 

名字の種類の考え方

名字の種類が20万種も違うということは、集計の取り方(カウント方法)によるものと考えられます。漢字、字体、読み方をすべて区別した場合には30万種を超えると考えられます。よってこの場合、【漢字の違い】の”伊藤”と”伊東”、【字体の違い】”斎藤”と”斉藤”、【読み方の違い】吉川(”よしかわ”)と吉川(”きっかわ”)などをすべて別の名字としてカウントすることになります。一方で、漢字や字体のみ区別して、読み方の違いを考慮しないカウントでは約11万種となります。下記の名字ランキングでは、この方式(字の違いのみ考慮し、読み方の違いは考慮しない=11万種類)を採用しています。

 

今回は2019年政府発表統計および全国電話帳をもとに、ルーツ製作委員会【名字由来net】が発表した日本の名字ランキングからTOP50までご紹介いたします。

日本の名字ランキングTOP50  

(順位:名字 人数)

  1位:佐藤    およそ187.1万人     

  2位:鈴木    およそ179.7万人

  3位:高橋    およそ141.1万人

  4位:田中    およそ133.5万人

  5位:伊藤    およそ107.4万人

  6位:渡辺    およそ106.3万人

  7位:山本    およそ105.0万人

  8位:中村    およそ104.4万人

  9位:小林       およそ102.2万人

10位:加藤    およそ88.7万人

 

11位:吉田     およそ82.9万人

12位:山田     およそ81.4万人

13位:佐々木    およそ67.3万人

14位:山口     およそ64.3万人

15位:松本     およそ62.7万人

16位:井上     およそ61.4万人

17位:木村     およそ57.6万人

18位:林         およそ54.5万人

19位:斎藤        およそ54.2万人

20位:清水     およそ53.2万人

 

21位:山崎     およそ48.2万人

22位:森         およそ46.5万人

23位:池田     およそ45.0万人

24位:橋本     およそ44.7万人

25位:阿部     およそ44.3万人

26位:石川     およそ42.7万人

27位:山下     およそ41.8万人

28位:中島        およそ40.1万人

29位:石井        およそ39.7万人

30位:小川     およそ39.6万人

 

31位:前田     およそ38.1万人

32位:岡田     およそ37.9万人

33位:長谷川    およそ37.7万人

34位:藤田     およそ37.4万人

35位:後藤     およそ37.1万人

36位:近藤     およそ36.9万人

37位:村上     およそ35.4万人

38位:遠藤     およそ33.3万人

39位:青木     およそ32.9万人

40位:坂本     およそ32.5万人

 

41位:斉藤     およそ32.3万人

42位:福田   およそ31.2万人

43位:太田     およそ31.0万人

44位:西村     およそ30.8万人

45位:藤井     およそ30.7万人

46位:岡本   およそ29.6万人

47位:金子      およそ29.6万人

48位:藤原   およそ29.6万人

49位:三浦        およそ29.4万人

50位:中野   およそ29.4万人

(出典:名字由来net)

まとめ

やはり1位2位は不動のツートップの「佐藤」さんと「鈴木」さんでした。他にもランキング入りした50の名字はどれも思い浮かぶ知人や有名人がいるのではないでしょうか。

一方でごく少数しかない珍しい名字の代表としては、「酢」さん、「煮雪」さん、「一番合戦(いちまかせ)」さん、「街風」さん、「転」さん、「大海原(わたのはら)」さんなど全国で10~数10名程度のレアな名字も存在します。

とにかく種類の多い日本の名字ですが、自分自身の名字の由来などを調べてみるのも面白いかもしれません。