Shoko-Ranking

ランキングを中心に経済・産業・社会・時事などの情報をまとめています

国内歴代映画興行収入ランキング~アニメ映画強し~

 

今回は、日本国内における映画の興行収入ランキングをご紹介いたします。今回参考させていただいたのが「CINAMAランキング通信」発表の‟歴代ランキング”です。なおデータは、2020年2月9日時点のデータです。

 

 歴代映画興行収入ランキング   (国内)TOP50

(順位:作品タイトル) 

(興行収入 公開月 )

 

1位:千と千尋の神隠し

308.0億円  2001年7月 

 

2位:タイタニック

 262.0億円 1997年12月

 

3位:アナと雪の女王       

255.0億円 2014年3月

 

4位:君の名は。      

>

 250.3億円 2016年8月 

 

5位:ハリー・ポッターと賢者の石       

203.0億円 2001年12月

 

6位:ハウルの動く城      

196.0億円 2004年11月 

 

7位:もののけ姫   

193.0億円 1997年7月 

 

8位:踊る大走査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 

173.5億円 2003年7月 

 

9位:ハリー・ポッターと秘密の部屋  

173.0億円 2002年11月

 

10位:アバター    

156.0億円 2009年12月

 

11位から50位は以下の通りです

11位:崖の上のポニョ 

155.0億円 2008年7月 

 

12位:天気の子    

140.6億円 2019年7月

 

13位:ラスト・サムライ 

137.0億円 2003年12月

 

14位:E.T.    

135.0億円 1982年12月

 

14位:アルマゲドン  

135.0億円 1998年12月

 

14位:ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

135.0億円 2004年6月

 

17位:ボヘミアン・ラプソディ

131.0億円 2018年11月

 

18位:アナと雪の女王2   

130.8億円 2019年11月

 

19位:ジュラシック・パーク 

128.5億円 1993年7月

 

20位:スター・ウォーズ  エピソード1  ファントムメナス

127.0億円 1999年7月

 

21位:美女と野獣 
124.0億円 2017年4月

 

22位:アラジン 
121.6億円 2019年6月

 

23位:風立ちぬ   
120.2億円 2013年7月 

 

24位:アリス・イン・ワンダーランド 
118.0億円 2010年4月

 

25位:スター・ウォーズ/フォースの覚醒
116.3億円 2015年12月

 

26位:南極物語
110.0億円 1983年7月 

 

26位:マトリックス・リローデッド
110.0億円 2003年6月

 

26位:ファインディング・ニモ
110.0億円 2003年12月

 

26位:ハリー・ポッターと炎のゴブレット
110.0億円 2005年11月 

 

30位:パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
109.0億円 2007年5月

 

 31位:トイ・ストーリー3
108.0億円 2010年7月

 

32位:インディペンデンス・デイ
106.5億円 1996年12月

 

33位:ロード・オブ・ザリング/王の帰還
103.2億円 2004年2月

 

34位:踊る大捜査線 THE MOVIE
101.0億円 1998年10月 

 

35位:トイ・ストーリー4
100.9億円 2019年7月

 

36位:パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

100.2億円 2006年7月

 

37位:子猫物語
98.0億円 1986年7月 

 

38位:M:I-2

97.0億円 2000年7月

 

39位:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
96.7億円 2011年7月

 

40位:A.I.
95.6億円 2001年6月

 

41位:ジュラシック・ワールド
95.3億円 2015年8月

 

42位:バック・トゥー・ザ・フューチャーPART2
95.0億円 1989年12月

 

42位:ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
95.0億円 1997年7月

 

44位:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
94.0億円 2007年7月

 

45位:モンスターズ・インク
93.7億円 2002年3月

 

45位:名探偵コナン  紺青の拳(フィスト)
93.7億円 2019年4月 

 

47位:スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
93.5億円 2002年7月

 

48位:劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-
93.0億円 2018年7月 

 

49位:借りぐらしのアリエッティ
92.5億円 2010年7月 

 

50位:天と地と
92.0億円 1990年6月 

 

(出所:興行通信社調べ 2020/2/9)

 

興収1位は「千と千尋の神隠し」

興収の歴代トップは宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が見事興行収入1位の作品となっています。2位の「タイタニック」とはおよそ40億円の差をつけていました。宮崎作品は他にも、「ハウルの動く城」「もののけ姫」とTOP10中では3作品、TOP50中で5作品ランクインしています。

国内勢ではやはり宮崎作品ですが、海外勢としてはディズニー作品ハリー・ポッターシリーズが強い印象で、多くの作品が上位にランクインしております。(ディズニー=13作品、ハリー・ポッター=6作品)

 

 

ちなみに邦画のみのランキングは以下の通りです。

邦画歴代興行収入ランキングTOP10

1位:千と千尋の神隠し 308.0億円    2001年7月

2位:君の名は。    250.3億円 2016年8月

3位:ハウルの動く城       196.0億円 2004年11月 

4位:もののけ姫            193.0億円   1997年7月  

5位:踊る大走査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!  173.0億円 2003年7月

6位:崖の上のポニョ    155.0億円 2008年7月

7位:天気の子       140.6億円 2019年7月

8位:風立ちぬ         120.2億円 2013年7月 

9位:南極物語                 110.0億円   1983年7月

10位:踊る大捜査線         101.0億円 1998年10月

次点:子猫物語     98.0億円 1986年7月

(出所:興行通信社調べ 2020/2/9)

 

アニメ映画強し!作品タイトルにおける‟「の」法則”!?

TOP10の顔ぶれをみますと、さすがアニメ王国日本と言える結果となっております。10作品中7作品がアニメ映画となっています。ちなみに宮崎駿監督作品が5つ(「千と千尋~」「ハウル~」「もののけ姫」「崖ポニョ」「風立ちぬ」)、新海誠監督作品が2つ(「君名は。」「天気子」)という内訳です。余談ですが、上記のアニメ作品は「風立ちぬ」以外は見事に作品タイトルに「の」の文字が入っています。宮崎作品における‟「の」法則”は有名ですが、新海作品でもこの法則が再現されのか注目されるところです。

 

実写映画は「踊る大走査線シリーズ」が大健闘

実写映画の首位としては、邦画第5位の「踊る大捜査線」シリーズとなりますが、「踊る~」シリーズの2作品がTOP10にランクインというのは大健闘と言えます。

そして、もう一つの実写映画「南極物語」ですが、これは実話をベースにした一種のドキュメンタリー映画ともいえる作品ですが、公開年が1983年(昭和58年)と日本国内の興行収入TOP50の中で最も古い作品です。当時社会現象といえるほどの大ヒットとなった名作です。邦画TOP10ランキングにおいては、興行収入がすべて100億円以上となっています。今後100億円を超える作品が出てくれば歴代邦画TOP10入りが濃厚です。

 

 

www.shoko-ranking.com

 

 

www.shoko-ranking.com