Shoko-Ranking

ランキングを中心に経済・産業・社会・時事などの情報をまとめています

世界のビッグマック指数ランキング(2020年)

今回は2020年1月に英誌「エコノミスト」から発表された"ビッグマック指数”の最新ランキングをご紹介いたします。

 

 ビッグマックうまそうですが、経済の話です。

ビッグマック

ビッグマック指数(BMI)とは?

各国のマクドナルドにて販売されている「ビッグマック」1個あたりの価格から、異なる2つの通貨において、購買力を比較するために用いられる経済指標です。1986年にイギリスの経済紙「エコノミスト」によって考案され、毎年発表されています。ここでの購買力とは通貨がどれほどの財やサービスを購入できるかということでその国の通貨の貨幣価値を表しています

上記の記載の通り、ビッグマック指数の目的は、国ごとの物価を測る指標ではなく、2通貨間の購買力平価を測定するための指数として用いられております。

購買力平価(PPP)

購買力平価(PPP)とは、為替レートの決定に関する理論となります。具体的には同一の製品やサービスの価格は国が異なっても同じであるという「一物一価の法則」が成り立つ場合の為替レートを購買力平価(PPP)と言います。PPP理論では、長期的に為替レートは換算時点へと徐々に近づくと考えられています。このため、二国間で同じ商品の価値に差異が存続する場合、低い価格で販売している国の商品を購入する動機が生じます。

 

ビッグマック指数の算出法は?

ビッグマック指数(BMI)の算出方法は、世界で販売されているマクドナルドのビッグマックの価格(現地通貨)をアメリカの価格(USドル)と比較することで割り出します。例えば日本のビッグマック指数は今回‐37.5%とされていますが、これは日本での販売価格(390円)をアメリカの販売価格(5.67ドル)で割り、その数値を更に為替ルートで割ることで出したものです。(1.0が基準となります)1ドル=110.04円で計算

 390円÷5.67ドル÷110.04=0.625 

→日本のBMIは基準値に対して37.5%のマイナス

そしてこのビッグマック指数(BMI)がマイナスになっているということは、円の価値が過小評価(割安)になっているということができます。そして購買力平価の考え方に基づくと、円の価値は今後上がっていくという予測になり、長期的に見ると円はドルに対して「買い」ということになります。

  

  世界のビッグマック指数(BMI)ランキング

【順位:国/地域名 価格(USドルまたは円)BMI(%)】

1位:スイス     6.71ドル   +18.4

2位:ノルウェー   5.97ドル     +5.3

3位:アメリカ    5.67ドル       0.0

4位:スウェーデン  5.44ドル        -4.0

5位:カナダ     5.18ドル        -8.6

6位:イスラエル   4.91ドル      -13.3

7位:ブラジル    4.80ドル      -15.3

8位:ウルグアイ   4.78ドル      -15.7

9位:ユーロ圏    4.58ドル      -19.2

10位:デンマーク   4.46ドル      -21.3

11位:オーストラリア 4.46ドル      -21.5

12位:イギリス    4.41ドル      -22.2

13位:シンガポール  4.38ドル      -22.8

14位:ニュージーランド4.29ドル      -24.3

15位:レバノン    4.29ドル      -24.3

16位:コスタリカ   4.12ドル      -27.3

17位:UAE      4.02ドル      -29.2

18位:韓国      3.89ドル      -31.4

19位:タイ      3.80ドル      -33.0

20位:チェコ     3.76ドル      -33.8

21位:バーレーン   3.71ドル      -34.5

22位:クウェート   3.63ドル      -36.1

23位:コロンビア   3.62ドル      -36.2

24位:ペルー     3.58ドル      -36.9

25位:カタール    3.57ドル      -37.0

26位:ニカラグア   3.54ドル      -37.5

27位:日本      390円        -37.5

28位:ホンジュラス  3.53ドル      -37.8

29位:サウジアラビア 3.47ドル      -38.9

30位:チリ      3.42ドル      -39.7

31位:パキスタン   3.36ドル      -40.8

32位:クロアチア   3.29ドル      -42.1

33位:グアテマラ   3.24ドル      -42.8

34位:ヨルダン    3.24ドル      -42.8

35位:スリランカ   3.20ドル      -43.6

36位:中国      3.12ドル      -44.9

37位:ハンガリー   3.01ドル      -46.9

38位:オマーン    3.00ドル      -47.1

39位:ポーランド   2.90ドル      -48.9

40位:ベトナム    2.85ドル      -49.8

41位:アルゼンチン  2.85ドル      -49.8

42位:フィリピン   2.81ドル      -50.5

43位:メキシコ    2.66ドル      -53.1

44位:インド     2.65ドル      -53.2

45位:エジプト    2.64ドル      -53.4

46位:香港      2.64ドル      -53.5

47位:モルドバ    2.58ドル      -54.4

48位:インドネシア  2.41ドル      -57.4

49位:台湾      2.41ドル      -57.5

50位:ウクライナ   2.38ドル      -58.1

51位:マレーシア   2.33ドル      -58.9

52位:アゼルバイジャン2.33ドル      -58.9

53位:ルーマニア   2.21ドル      -61.0

54位:トルコ     2.21ドル      -61.0

55位:ロシア     2.20ドル      -61.2

56位:南アフリカ   2.15ドル      -62.0

 (出典:The Economist -Big Mac Index)1ドル=110.04円

 

ビッグマック指数の問題点

この理論は世界中のビッグマックの品質がすべて同じと仮定することで成り立っています。しかしながら実際には、国によって異なった量、サイズ、栄養価で提供されています。また、販売価格には消費税(付加価値税)が含まれているので、比較する際にはその分を引いて計算しないと意味を成しません。また国によっては価格決定への影響としてライバル社との激しい価格競争があったりと国ごとによっても価格決定の背景は大きく異なるということが指摘されてます。

尚、エコノミスト誌はビッグマック指数のほかに、トール・ラテ指数など別の指数も発表していますが、円についてはビッグマック指数とは逆に、更に円安の余地があることになり、異なる結果が出されています。

 

 

圧倒的な認知度を誇る世界一有名なハンバーガーショップの設立の裏側が明らかに!

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(字幕版)

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(字幕版)

  • 発売日: 2018/01/24
  • メディア: Prime Video
 

 

1日3食1ヵ月間ファーストフードを食べ続けたらどうなるかを検証したドキュメンタリー 

スーパーサイズ・ミー(字幕版)
 

 

 

www.shoko-ranking.com