Shoko-Ranking

ランキングを中心に経済・産業・社会・時事などの情報をまとめています

賞(学術・文化・スポーツ)

オリンピック、ノーベル賞他

競泳の最速泳法ランキング~オリンピックと競泳の歴史~

8月29日、競泳の池江璃花子選手は50m自由形で1年7か月ぶりにレース復帰し、順調な回復ぶりをうかがわせています。 ちなみに水泳の競泳種目は夏季オリンピックにおいて古くは日本のお家芸とも呼ばれていた競技です。戦後は低迷時期もありましたが、近年復活…

将棋タイトル初獲得 年少記録・年長記録ランキング

2020年7月16日、将棋の棋聖戦で挑戦者の藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(=三冠)を破り、最年少タイトル獲得記録を30年ぶりに更新することとなりました。 またこの快挙は連日テレビなどでも大きく取り上げられ、29連勝時以来の藤井フィーバーとなっていま…

世界のeスポーツプレーヤー数ランキング~日本は法規制で遅れ~

2022年アジア競技大会でeスポーツが正式採用 2018年にインドネシアの2都市で開催されたアジア競技大会(第18回大会)では、eスポーツが公開競技として採用され6つのタイトルが競技として行われました。 また日本からも代表選手が5種目に出場し、 『ウイニン…

将棋タイトル獲得数ランキング~羽生九段が前人未到の99期~

2020年6月4日、将棋の第91期棋聖戦は、挑戦者決定戦で藤井聡太七段(17)が永瀬二冠(叡王、王座)に勝利しタイトル挑戦権を獲得しました。 この結果、これまで屋敷伸之九段が持っていた17歳10か月24日の最年少タイトル挑戦記録を31年ぶりに更新することとな…

囲碁七大タイトル獲得数ランキング

2019年10月8日、囲碁の第44期名人戦は、挑戦者の芝野虎丸八段(当時19)が張栩(ちょうう)名人に4勝1敗で勝利し、史上初めて10代で名人位を獲得しました。 また囲碁七大タイトルとしても、19歳11カ月での獲得となり、これまでの最年少記録20歳4か月(井山…

ノーベル賞受賞者数 国別ランキング~日本人の歴代受賞者一覧~

スペイン王立化学アカデミーは2019年10月9日、リチウムイオン電池を開発した吉野彰(よしのあきら)旭化成名誉フェローら3人にノーベル化学賞を授与すると発表しました。これによって日本人のノーベル賞受賞者は28人となりました。そこで今回は国別ノーベル…

夏季オリンピック・メダル獲得数ランキング~日本の獲得数と東京大会予想~

2020年7月東京オリンピック開催 いよいよ2020年7月24日、東京で56年ぶりの夏季オリンピック開催まで残り半年となりました。前回2016年のリオ・デ・ジャネイロ大会では日本は過去最高となる41個のメダルを獲得いたしました。今年の東京オリンピックではメダル…