Shoko-Ranking

ランキングを中心に経済・産業・社会・時事などの情報をまとめています

世界のユニコーン企業ランキング2020年~国別で米中が7割占める~

今回は世界のユニコーン企業の最新ランキング(2020年6月)をご紹介いたします。

ユニコーン


ユニコーン企業とは

ユニコーン企業とは企業価値評価額が10億ドル(約1100億円)を上回る創業10年以内の未上場ベンチャー企業のことを指します。

米シリコンバレーの巨大ファンドや中国のハイテク企業が積極投資を続けた結果、世界のユニコーン企業は479社まで大きく増加しました。(CBインサイツ2020年6月調べ)

 

その目安となる評価(企業価値評価額)は未上場企業の価値で評価されています。これは将来稼げるキャッシュの予想額が前提です。

このため、巨大市場を抱える中国や、複数国で事業を展開する企業が評価されやすい傾向にあります。

また資金面でも、巨大ファンド(VC=ベンチャーキャピタルなど)から投資を受けられほうが値付けが高くなります。

そして中でも2017年にソフトバンクグループが立ち上げた「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」は、サウジアラビアやアブダビ首長国の政府系ファンドから出資を受け、その資金規模は約1000億ドル(110兆円)です。

そしてその規模はアメリカ国内のベンチャー投資総額を上回る規模となっています。

 

国別ユニコーン企業数ランキング(2020年) 

順位 国・地域名 企業数
1 アメリカ 228
2 中国 122
3 イギリス 25
4 インド 21
5 ドイツ 13
6 韓国 10
7 イスラエル 7
7 ブラジル 7
9 インドネシア 5
9 フランス 5
11 スイス 4
12 オーストラリア 3
12 日本 3
12 シンガポール 3
12 カナダ 3
12 香港 3
17 スウェーデン 2
17 コロンビア 2
17 南アフリカ 2
17 スペイン 2

 (出所:CBインサイツ https://www.cbinsights.com/research-unicorn-companies) (データは2020年6月時点)

 

国別では米中2国で7割を占める

ユニコーン企業479社の中で米国が228社で5割弱を占めています。次いで中国の122社で全体の4分の1となっており、米中2カ国で73%を占める状況となっています。

米中に続くのはイギリスで22社、次いでインド、ドイツの順です。またここ数年で大幅に伸ばしているのが韓国で、中国のテンセントや米セコイヤなどから出資を受ける企業が目立っています。

 

日本の企業としては3社が評価額10億ドル以上となっていますが、日本の経済規模から考えると3社だけとは非常に少ない結果であると言えます。

最も評価額の大きい企業は人工知能開発を手掛ける「プリファード・ネットワークス」(20億ドル)です。

次いでニュースアプリを開発する「スマートニュース」(12億ドル)、そして仮想通貨取引所の「リキッド」(10億ドル)がユニコーン企業にランクインしております。

日本においてユニコーン企業が少ない要因としては、事業展開と調達の両面で国際性に欠けるのが構造的なネックと指摘されています。

 

 

中でも規模の大きいデカコーン企業  

ユニコーン企業(10億ドル以上)の中でも、評価額が100億ドルを超える企業をデカコーン(decacorn)企業と呼びます。

デカコーン(decacorn)・・ブルームバーグの造語。deca(10、10個でひとつ、などの意味)とunicornを組み合わせたもの

今回の評価では世界25社がデカコーン企業に該当しています。

さらに、評価額が1000億ドルを超える企業はヘクトコーン企業と呼ばれますが、今回は該当企業がありませんでした。

世界のユニコーン企業ランキングTop25(デカコーン企業・2020年)

順位 企業名

評価額

(単位:10億ドル)

国名 主な事業
1 バイトダンス 75 中国 ニュース配信
2 ディディチューシン 56 中国 配車サービス
3 ハシコープ 51 米国 ITソフトウェア
4 スペースX 36 米国 宇宙ロケット開発
4 ストライプ 36 米国 オンライン決済
6 パランティアテクノロジーズ 20 米国 ビッグデータ解析
7 エアビーアンドビー 18 米国 民泊仲介
7 クアイショウ(快手) 18 中国 動画投稿
9 ワン97コミュニケーションズ 16 インド 電子決済
9 ドアダッシュ 16 米国 食事宅配
11 DJIイノベーション 15 中国 ドローン
11 エピックゲームズ 15 米国 ゲーム開発
13 グラブ 14.3 シンガポール 配車サービス
14 Beike Zhaofang 14 中国 ITソフトウェア
15 スノーフレークコンピューティング 12.4 米国 ビッグデータ解析
16 ビットメインテクノロジーズ 12 中国 ハードウェア
16 ジュールラボ 12 米国 電子タバコ
16 サムメッド 12 米国 再生医療
19 ウィッシュ 11.2 米国 eコマース
20 グローバルスイッチ 11.08 イギリス ハードウェア
21 BYJU'S 10.5 インド オンライン学習
22 ゴジェック 10 インドネシア 配車サービス
22 オヨルームズ 10 インド ホテル予約サイト
22 ヌバンク 10 ブラジル フィンテック
22 リップル 10 米国 仮想通貨

(出所:CBインサイツ  https://www.cbinsights.com/research-unicorn-companies)(データは2020年6月時点)

 

注目の企業3選

前述の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」の投資によって、出資を受けた企業の多くが上位にランクインしています。

現在のトップは日本でも有名な「Tik Tok」を手掛ける中国のバイトダンスで日本円にして約8.1兆円の評価額となっています。同社もSVFによって出資を受けている企業の一つですが、Tik Tokは現在150カ国以上でサービスが展開されています。

そんな中で今回インド政府がTik Tokをはじめとする中国アプリのインド国内での利用禁止令を出しました。理由は個人情報が中国政府に検閲されているという懸念によるものです。これによって60億ドルの損失が見込まれる大きなダメージとなっています。

 

2位には同じく中国のディディチューシンで評価額は日本円換算で約6.1兆円。

同社もSVFから出資を受けている企業の一つですが、事業内容は中国国内で配車サービス(ライドシェア)を手掛けております。すでに乗車数では米・ウーバーを抜いてライドシェアの中国国内でのトップ企業に成長しています。

しかしながら、2018年以降運転手による相次ぐ凶悪犯罪が発生しており大きな問題になりました。

日本では2018年からソフトバンクと合弁でDiDiモビリティジャパンを設立し、タクシー配車サービスを開始いたしました。

DiDiモビリティジャパン、大阪でタクシー配車サービススタート ソフトバンクと滴滴出行がタッグ | 自動運転ラボ

 

4位はイーロン・マスク率いる宇宙開発のスペースX社(米)がランキングしています。

スペースX社は5月31日に米民間会社で初めてとなる有人宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げに成功したばかりです。

今後は2023年に民間人の月旅行計画、2024年に火星への有人飛行計画など壮大なプロジェクトを進めています。

因みに同じくイーロン・マスク創業のテスラ(米・上場済み)は、時価総額が22兆円に達し、トヨタを抜いて自動車業界の首位に立ったことでもニュースになりました。

全くジャンルの異なる2つの巨大な企業を創業したイーロン・マスク氏にますます注目が集まっています。

テスラが時価総額22兆円超でトヨタを抜く、自動車メーカー世界首位に | TechCrunch Japan

イーロン・マスク 世界をつくり変える男

 

 

まとめ

この記事をざっくり要約すると
  1. ユニコーン企業とは評価額10億ドル以上の未上場ベンチャー企業
  2. 国別ユニコーン企業数では1位米国、2位中国で7割以上を占める
  3. 日本勢は479社中で3社のみと厳しい状況。構造的ネックあり。
  4. ユニコーンのうち評価額が100億ドルを超える「デカコーン企業」25社
  5. デカコーン企業のトップは「Tik Tok」のバイトダンス(中国)

 

☑最新記事一覧はこちら👈から